2020.06.19

「マスコミ・セクハラ白書」書評(21)しんぶん赤旗

2020年4月5日付の「しんぶん赤旗」日刊紙に、『マスコミセクハラ白書』の書評が掲載されました。評者の中村 純氏(詩人・編集者・京都造形芸術大学専任講師)より、WiMNのHPへの転載をご快諾頂きました。

日刊紙の書評からの一節
「本書に登場するのはいわば『生き残った』女性記者たちだ。背景にはメディアで働くことに志を持ち、努力を重ねてきたのに会社を辞していった多くの女性たちがいる。90年代前半に貴女たちに出会うことができていたら、私もまだそこにいるのだろうか。貴女は今、どこで何をしていますか。女たちへ。生きてつながり立ち上がること。
あなたはひとりではない」

20200405-010面-読書1面_R