2020.04.27

「マスコミ・セクハラ白書」紹介記事(12)琉球新報

性別偏見社会へ覚醒促す

2020年4月26日付の琉球新報に、沖縄女性史家・宮城晴美史による「マスコミ・セクハラ白書」の書評が紹介されました。
男性優位社会のマスコミにあって、被害女性が被害を被害として自覚できにくい中、この本が「あなたは一人ではない」というメッセージになると書いています。

記事全文は、琉球新報デジタル版(無料登録が必要)で読むことができます。