2020.04.18

「マスコミ・セクハラ白書」紹介記事(10)朝日新聞

もう黙らない 体験を自ら告白

4月18日付朝日新聞朝刊に書評が掲載されました。筆者は武田砂鉄氏。メディアが「私たち」と書く時、「私たち」は男性目線ではなかったか?という問いかけと、そこに女性目線を入れることでの進化の可能性に言及しています。

同書評は、朝日新聞の書評サイト「好書好日」で、全文を読むことができます。